ヘルパー・介護福祉士の仕事について

ヘルパーや介護福祉士の仕事は介護が必要な障害者や高齢者に大して必要な介護を行なうことです。最近は高齢化社会ということもあり、高齢者の割合が増えたことで仕事の多くは高齢者の介護になっています。ヘルパーは本来であれば要介護者の自宅に訪問して家事援助や身体介護を行なうのが仕事ですが、ヘルパー2級が介護の仕事の入門的な資格であったことからヘルパーの資格を持った人が施設サービスや通所サービスなどでも多く働いています。介護福祉士は介護分野の中心的な資格であり、病院や施設をはじめとして訪問介護や通所介護など様々な分野で活躍しており、経験のある人はリーダー的な役割を果たしています。
ヘルパーや介護福祉士の仕事を具体的に説明していきます。仕事の多くは要介護者の日常生活の介助であり食事や排泄、入浴、レクリエーションの提供などが仕事です。食事では誤嚥がないように見守りを行なったり、自分で食べられない人には介助で食事を食べてもらうようにします。排泄では安全に動作が行なえるようにズボンの上げ下げを介助したり、オムツの交換などを行ないます。入浴は転倒が多い動作のため、要介護者の能力に合わせて必要な介助を行ないます。寝たきりの人を入浴させる場合には介助浴を使用したりします。レクリエーションでは軽度な運動や歌、簡単なゲームなどを行ないます。運動不足の解消や認知症の予防につながるとともに楽しい気持ちになってもらうことで要介護者の生活の質を高めることにつながります。人材不足などで忙しい仕事ですが、やりがいがある仕事です。

介護福祉士として生きること

介護福祉士の仕事をして思ったのですが、精神面でのケアってすごく重要だなぁと思うんです。もちろん、日頃の食事や排せつ、入浴などの介助もしっかりやれることが大切なのですが、お年寄りの気持ちを理解してあげるって、介護の中で重要だなってだんだんわかってきました。利用者の方とのコミュニケーション能力がある人って、ずっとこの仕事を続けていますね。

私もコミュニケーション能力があると自分で思っているのですが、まだまだだめだなと思うことが多く、お年寄りの方に満足してもらっていないと感じることがあります。そういう時はけっこう落ち込むのですが、いちいち落ち込んでいたらこの仕事なんてやっていられないので、帰ってきたら美味しい物を食べてお酒を飲んで早めに寝てしまいます。すると翌日はスッキリして、また仕事を頑張ろうって思えるんですね。

家族の人がうるさくいってくる場合があるのですが、けっこうそれが悩みなんです・・・。たまに顔を出して文句だけ言う家族、嫌だなと思いますね。こういう施設に入れっぱなしで、気が向いたら遊びに来て、介護福祉士に文句を言うのはやめてほしいです。利用者が少しでも前向きに生活ができるように、お手伝いをすることってとても大変ですがとても楽しいと思います。

とても良い家族もいるので、そういう人たちの相談にものりますし、介護の大変さは一番わかっているので助けてあげたいと思いますね。利用者がどうしたら楽しく生きることができるのか、日々考えています。

介護福祉士のの転職を考えています

ヘルパー、介護福祉士というと一概に大変そうというイメージを持ちます。私もその一人です。
現在私がお付き合いさせて頂いてる方が介護福祉士の仕事をしているのですが、とてもやりがいがあるそうで毎日仕事の話を楽しそうにしてくれるので私も介護の業界には少しずつ興味が湧いてきました。
介護というと、自分自身あまり関係ないという気持ちの方が多いと思います。それも見ず知らずのおじいちゃん、おばあちゃんの面倒を見るのだから責任感がないと務まらない仕事です。しかし、最近では介護従事者の需要が増えているだけではなく、自分自身の親の介護を視野に入れていかなければならないのが現状です。介護の知識が一切ないまま自分の親の介護をするとなると結構苦労します。私自身、今まで介護に関しては無関心でした。恥ずかしながら車椅子に移乗させるのだけでもかなり苦戦すると思います。
今現在介護とは全く関係のない職場にいるのですが、現在介護の転職を考えています。労働条件が悪いということではなく、介護関係の仕事をやってみたいという気持ちが強いからです。この意見には私の両親も驚いていました。正直、私自身も驚いています。
介護の仕事に関わることは無資格でも可能なようで、まずは私も無資格で働ける介護職に就こうと考えています。
介護の資格はどんな時期に取得しても役に立ち、将来性がある資格だと感じているので、徐々に介護に関する知識を増やしていきたいと思いました。

介護福祉士の転職求人はこちらのサイトがオススメ!
↓ ↓ ↓ ↓

介護福祉士・ヘルパー求人が9000件超!失敗しない転職

介護老人保健施設で働いています。

私は、介護老人保健施設で働いています。
仕事の内容は、朝のトイレ介助から始まります。歩行器を利用すれば自分で立って歩く事が出来る方や歩くのが困難で車いすの方等がいます。そんな方達をトイレに誘導してトイレをさせます。尿取りパットを当てている人もいますので、ズボンを下ろして便座に座らせて、必要であれば尿取りパットを交換します。
極力、自分で出来る事は自分でして頂くのですが、私が担当している利用者さんは、殆ど出来ませんので、トイレが終わるまでの事は、殆ど私達職員が行います。利用者さんの中には、起き上がる事自体がが困難な方がいますので、その方達はオムツをしています。トイレ介助が終わるとオムツ交換に行きます。
オムツが綺麗な時は、無理に交換はしませんが、通常は新しい物に交換します。
この時に、体位を変えて貰ったりと利用者さんにも協力して貰うのですが、この動作自体が困難な方もいますので、体力と根気が必要です。
次に食事介助ですが、やはり自分で食べれない方がいますので、スプーン等を使って食事をして貰います。
利用者さんに寄って、おかゆだったりきざみ食だったりしますが、基本的には同じです。誤嚥に注意して食事をさせるのですが、かなり神経を使います。
後は、入浴なのですが、私が担当しているのは、介護度が3~5の方達なので、電動リフト式のベッドに寝かせた状態で、頭から足先まで丁寧に洗います。
電動リフト式のベッドなので、寝たままの状態で湯船に浸かる事が出来ます。これは、本当に有難いです。
その他ベッドメイクや着替え等もありますが、1日があっという間に終わります。
利用者さんの笑顔を見ると、「大変だけど遣り甲斐のある仕事」だと思って頑張っています。

経験豊富なヘルパーや介護福祉士の活躍

現在では、経験豊富なヘルパーや介護福祉士が多方面で活躍するようになり始めていると言えるのではないでしょうか。多くの現場で経験の多い介護福祉士のスタッフが活躍するようになり、円滑にこうした現場が回るようにもなってきていると認識されているのではないかと思います。若いヘルパーや介護福祉士のフォローに回ることも多々あるため、連携した仕事を進めるうえでも必要不可欠な存在として考えられているのではないでしょうか。現在ではヘルパーや介護福祉士に新たになる人が継続的に増えてきている状態でもあることから、経験豊富なスタッフの活躍や指揮が重要視される傾向にあるのではないかとみられています。
かつてに比べてヘルパーや介護福祉士として仕事を経験できる環境が、幅広く整備されるようになってきつつあるとされています。そのため、経験を短期間で積み重ねることも可能になってきていると考えられており、活躍できるケースが増える確率も高いのではないかとみられています。今後はヘルパーや介護福祉士の経験が豊富な人材が一層多く存在するようになることが見込まれるようになってきており、様々な介護の現場で活躍することが強く期待されています。これまで以上にこの傾向が強く確認されることも予想され始めているため、多くの方面で強い関心が示されるトピックとなっていくのではないかと思います。経験豊富なスタッフが主体的に活躍できる状況も作られるのではないでしょうか。

きついけどやりがいのある仕事

特別養護老人ホームで5年、療養型の病院で7年働きました。
ヘルパー2級の資格を取得して、いざ働いた時に思ったのは「教科書の通りになんていかない」でした。
一人一人性格も体の不自由さも違うし、対応も相手によって変えないといけないし、体力的にも、肉体的にもとてもきつい仕事だと思いました。
何度も辞めようと思って、求人を探しましたが、求人はダントツに介護の仕事が多いし、資格を持っていると、ハローワークに行けば介護を勧められます。

それだけ福祉の現場は人手が足りていない状態です。
介護の事、お年寄りの事を理解して就職しないと、「こんなはずでは」と思う人も多いかもしれないです。
ただ、若いうちは体力もあるし、きつくてもやりがいのある仕事だと思います。
お年寄りが好きであれば、一言の「ありがとう」と言った感謝の言葉をもらうと、元気が出ます。仕事で働いて、お金をもらって感謝をされるなんて、そんな仕事は中々ないと思います。
人間相手なので自分の思う様にいかないのが当たり前なので、そういった面を理解して働いたら、きっと色んな面で成長出来るとてもいい職種だと思います。

あたしは13年働いて膝を痛めてしまって現場で働くのが難しくなりましたけど若い人で、少しでも興味があるのであれば実際に働いて体験してほしいです。

介護の求人はたくさんあるけど、定着率が低い為か経験を求める企業が沢山ありますが、資格も経験も不要の求人もいっぱいあると思います。

介護の仕事は臭いし、汚いし、きついと言ったイメージがありますが、あたしは介護の仕事を経験して本当によかったと思ってます。